英語の歌が歌えない原因は何?ポイントがわかれば上達できる

a-man-singing

カラオケで英語の歌を歌うとき、速すぎてついてけない! 発音するところがよくわからない!とか思ってませんか?

普通、何回か聴いて音程とリズムを掴めたとしても、邦楽のようにスラスラと歌えることはまずできません。

英語の歌を歌えないと悩む人は、原因を理解してから歌練習をする必要があります。

では、本番のカラオケで躓かないよう楽しくスラスラと歌えるようにするためにどうすればいいか。

僕が英語学習してから気が付いたポイントをお伝えしていきます。

 

 

英語の歌を歌えない主な原因は、消える音とくっつく音を知らないから

速くて付いていけないと感じるのは、発音ポイントがわからないからなんです。

日本語ならフレーズが頭に入ってなくても、カラオケスクリーンに流れる日本語歌詞はゆっくりと流れます。

日本語なら音程とリズムさえ覚えてれば、普通に凡人として歌えますよね。

でも英語の歌は日本語の倍以上の速さで流れていくので、カタカナで全ての音を発音しようとするのは無理なこと。

 

ではちょっと、アルマゲドンの主題歌、「I don’t want to miss a thing」を例にして説明します。

I could stay awake just to hear you breathing

Watch you smile while you are sleeping

While your’re far away and dreaming

I could spend my life in this sweet surrender

I could stay lost in this moment forever

Every moment spend with you is a moment I treasure

Don’t wana close my eyes

Don’t wana fall asleep

’Coz I’d miss you baby

And I don’t wana miss a thing

 

有名曲なので、どっかの店で聴いたことがある人も多いはず。

 

つながる音の法則

上記の歌詞の中で、つながる音を抜き出してみます。

watch you ワッチュゥ
while you ワイリュゥ
far away ファラウェイ
lost in ロスティン
with you ウィズュー
is a moment I イザ モ―メンダイ
fall asleep フォーラスリープ
Coz I’d miss you コザイ(ド)ミスュー

 

本当はカタカナの発音ではないのですが、音がつながる法則としてはこんな感じ。

歌うリズムにもよりますが、英語が続けざまに歌われるときは、つながる音があって普通です。

単語を一区切りに考えたりするのではなく、どことどこがつながってるのかを意識しながら、洋楽をよぉく聴いたりするといいです。

知ってる単語があるのに、聞こえないと思う原因はまずこれが一つのポイント。

 

消える音の法則

今度は、消える音の単語を抜き出してみます。

could stay,could spend ク ステイ、ク スペン(dの発音がない)
just to ジャストゥ(tの発音が一つ消える)
and dreaming アンドリーミン(dの発音が一つ消える)
breathing,sleeping,dreaming (gの発音がない)
sweet,moment (tの発音がない)

 

英語の歌をよく聴いてると、特に単語の後ろが聞こえないなぁと気付くことがあるはずです。

そう、画面に流れる歌詞が速いなと感じるのは、つながる音と消える音があるから。

これが二つ目のポイント。

また、フレーズ中に強いアクセントが置かれるところは、英会話でも共通しています。

 

前もって歌詞を覚えておく

消える音やつながる音のルールを知っていても、いざ本番カラオケで歌詞を目で追っていきながら歌うのは困難。

英文字に見慣れてない人は、バッと見をしても何の単語なのかを認識するのに時間がかかってしまうことでしょう。

音程とリズムを覚えたとしても、なんか英語の歌詞だけは頭に入りづらいと感じたことないですか?

英文字に慣れるのに時間かかりますが、まずは歌詞を見ながら歌を聴き、同時に何回も声を出して歌うこと。

スポーツと一緒で、同じ動きを繰り返しているうちに、決まった動作が自然に身についてくるように、歌だって同じように練習していれば、自然と言葉が口から出てきます。

 

より外人っぽく洋楽を歌いたいなら発音の仕方を覚える

ちょっとカッコつけて、外人っぽく歌いたいなら、発音の仕方を覚える必要が出てきますね。

カタカナ英語のままだと、どことなく英語っぽい雰囲気がでないし、英語圏のネイティブにも単語を聞き取ってもらえません。

完璧に発音矯正しろとまで言いませんが、少しでも英語っぽくするには発音記号を覚えておくといいです。

英語の発音の仕方を覚えてみようかなという人は、英語の発音わからないなら、母音と子音を覚えれば上達が早いのページを参照にしてみてください。

 

洋楽リスニングと英語リスニングには共通点がある

英語のつながる音と消える音のルールや発音記号を知らないと、ヘッドファン被ってよぉく洋楽をリスニングしようと集中しても、いつまで経っても何の英単語なのかわからないままです。

「聴こえた発音をそのままで覚えろ」という人がいますが、それは発音の仕方をよくわかってない人からすれば、まず無理な話かと。

これは洋楽だけではなく、英語のリスニング学習にも同じことが言えます。

 

英語の歌を歌うことに楽しさを感じたいのであれば、ぜひとも発音記号覚えてみてください。

【DMM英会話】
無料体験レッスン実施中

・英語をペラペラ話したい方
・海外旅行へ行く予定の方
・海外に長期滞在する予定の方
・外国人の友達を作りたい方

せっかく覚えた英語フレーズを、外国人との会話に活用してみたくありませんか?

英文法や単語の勉強だけでなく、実践的な会話をすることで劇的に英語力がアップ!

スマホだけでも、いつでもどこでも外国人とネット英会話ができます。