オーストラリアで英語を使わない仕事を探してる人へ情報提供

lazy-koala

オーストラリアにワーキングホリデーに行く多くの人が悩むのが仕事。

いきなりローカルの仕事のやろうと思っても、なかなかすぐに思い切って応募できないですよね。

そんな神経質な僕もワーキングホリデーの経験があるのですが、二ヶ月ぐらいも英語環境の仕事に応募していなかったんです。とりあえず日本人のいる所からでも早く始めていればよかったかなと。

英語に自信がなくて、すぐに行動を移せない人、もしくローカルの仕事が見つからない人は、まず日本人がいるところの職場から始めてもいいでしょう。

 

日本語で検索できるオーストラリアの求人サイト

求人内容も日本語で書かれていて探しやすいのが、

oshigoto.com.auというサイト。

このサイトは、ほとんど日本語で書かれた求人を色んなサイトから調べることができます。

例えば、掲載元がチアーズ、日豪プレス、GO豪アデレード、JAMS.TVというサイトとか。

英語を使わない仕事も発見できることもあるので、こまめにチェックしておくといいです。

 

ジャパニーズレストランのキッチン

僕もジャパニーズレストランで少しだけ働いたことがあります。

最低時給以下で安く設定されていますが、仕方ないのでお金の消耗率を減らすだけでも、しばらく雇ってもらうといいかなと。でもたまにジャパニーズレストランでも最低時給以下でないところもあります。

とりあえず、キッチンなら英語を使わない仕事になるので、精神的に少しは負担が減るはずですね。

キッチンの中であれば、日本語だけで成り立ってしまいますが、仕事仲間から求人情報とか暮らしのアドバイスとやらをいただけることもありますよ。

稀に同じ外国人の中国人や韓国人も雇われてることがあるんですよね。日本語ペラペラかは個人差があるので、ぜひアジア人がいたら英語で話しかけてみるといいです。

キッチンで盛り付けやら皿洗いばっかりやっていても、英語力が上がらないと思われるかもしれませんが、ウェイトレス(ウェイター)などの接客もやらしてもらえることもあります。

ジャパニーズレストランの接客といえど、英語に少し慣れておく機械には絶好のチャンスでしょう。

 

スシトレインの工場やダイワフードの倉庫

もちろん日系の職場になりますが、オーストラリアに広く展開されてますね。

日本人のいるところは、どうせ時給が低いだろうと考えてる人もいるかもしれませんが、実はそうでもないんです。

少なくとも、僕が住んでいた南オーストラリア州のアデレードにある、スシトレインやダイワフードでは最低時給16ドル以上でした。

僕が見たGO豪アデレードというサイトに、よく求人が載っているの見たことあるのですが、さすがに時給は掲載されてなかったです。

 

スシトレインの工場では仕分けや食品加工

僕が、数週間だけお世話になったところです。

工場内では、日本語環境で仕事できてしまうからホントに英語を使わない仕事になりますが、外部から地元のトラックドライバーも来るので、日本語ではない時もあります。

とはいっても、入荷受付するぐらいで、サインしたりとちょっと英語のやりとりするぐらい。

それ以外は、ただ日本のように黙々と仕事するだけでいいです。

スシトレインは、どうやら場所によって時給が違うみたいです。同じ会社系列なのに、僕の知り合いから聞いた話では、シドニーでは確か時給13ドルぐらいだったとか。

明らかにアデレードの方が時給が高いですね。

 

ダイワフードでは倉庫オンリーで働けるかどうか

ダイワフードは日本食品を取り扱ってる日系企業。こちらはオーストラリアで知り合った人からの話になります。

GO豪アデレードの求人内容にも書いているのですが、各州では主に配達ドライバーのほうを募集しています。

配達ドライバーのほうになると、日本食レストランに届けるだけでなく、他のアジア系のレストランにも配達しに行かなければならないので、意外と取引先で英語を使うことがあるんだそうです。

ですが、知り合いが言うには倉庫オンリーで働いていた人もいたんだとか。なので倉庫オンリーでもできるかどうかお願いしてみると、もしかしたらOKしてくれることがあるかもしれません。

 

日本人が多いファームジョブなら英語を使わない仕事になるかも?

とはいっても、オーナーがオージーだったりすれば、英語で説明される仕事の内容を何となくでもいいから理解する必要があります。

オレンジならどのようにピッキングするのか、どんな道具を使うのかとか。作業前に指示されるとこで、わからないところを聞き返す英語力ぐらいはあったほうがいいでしょう。

まぁわかんないことあったら、先に経験積んでる日本人に聞けば何とかなりますし、作業中はひたすら黙々とピッキングピッキング。

では、日本人が多いファームはどこなのかと言えば、

僕は行ったことありませんが、以下日本人が集まる場所を3つ知っています。

・クイーンズランド州にあるバンダバーグ
・西オーストラリア州にある大熊ファーム
・南オーストラリア州にあるシンゴズバックパッカーズ

バンダバーグはなぜか日本人がなぜか集まる場所ですが、評判は人によって様々。

オーナーが日本人なのは、パースから南へ50キロ進んだところにある大熊ファームです。ただそこは、仕事が厳しくてクビになる人もいるって話です。

あとは、シンゴズバックパッカーズというホステルに宿泊すると、ブドウのファームやワインファクトリーの仕事を紹介してもらえます。

そこで紹介された仕事で働きぶりが評価されれば出勤日数増やしてくれます。

そのホステルでは、日本人の経営者もいるので、日本人が多くが泊まりに来ます。

ということは、紹介先のファームでも日本人の割合が多いってことになりますね。

 

 

というように、英語を使わない仕事を視点にして情報を提供してきました。本当はまだまだあると思いますが。

オーストラリアに来たからには、せめて英語の会話相手ぐらいは見つけてってほしいです。

 

【DMM英会話】
無料体験レッスン実施中

・英語をペラペラ話したい方
・海外旅行へ行く予定の方
・海外に長期滞在する予定の方
・外国人の友達を作りたい方

せっかく覚えた英語フレーズを、外国人との会話に活用してみたくありませんか?

英文法や単語の勉強だけでなく、実践的な会話をすることで劇的に英語力がアップ!

スマホだけでも、いつでもどこでも外国人とネット英会話ができます。