「いつまでもあると思うな親と金」を英語にした5つの表現

「いつまでもあると思うな親と金」は、親がいつまでも生きていて自分の面倒を見てくれるわけではなく、お金もいつまでもあると思ってはならないという意味のことわざ。

自立心を持って倹約を心がけておかないと、いずれ困るときがくるんだぞという戒めとして言いますね。

親にいつまでも頼っていないでそろそろ自立しろっていう感じで使いますが、このことわざなら似た英語表現をいくつも作れそうです。

では、「いつまでもあると思うな親と金」と同意表現の英語のことわざと、その他のフレーズも兼ねて5つほど紹介していきましょう。

 

It is too late to spare when the bottom is bare
Better to be frugal in youth than to be reduced to the necessity of saving in age
Don’t think that your parents and money will be there forever
You must make your own way/living
you can’t rely on your parents forever

 

スポンサーリンク

1 . It is too late to spare when the bottom is bare

英語のことわざですが、日本語に訳すと「財布の底が見えてから節約するのでは遅すぎる」という似た表現になります。今のうちから倹約しておきなさいってことですね。

ただ、このことわざは日常会話で使われることはまず滅多にないでしょう。おそらく詩作やストーリーライティングで使われます。

 

2 . Better to be frugal in youth than to be reduced to the necessity of saving in age

これもまた英語のことわざです。日本語にするならば、「老後の必需品を蓄えるため、費やすより若い頃から倹約するべきだ」というような文になります。

歳を取ってからでは遅いので、今の内から国年年金やら貯金、生活に必要なものを揃えておけってことですね。ですが、こちらも日常会話で使われませんので、ストーリーライティングに使いましょう。

 

3 . Don’t think that your parents and money will be there forever 「いつまでもあると思うな親と金」

「いつまでもあると思うな親と金」をそのまま直訳したような文です。このフレーズなら普通にネイティブに伝わるし、日本人にもわかりやすいですね。経験上一度だけ、一般人の会話の中で聞いたことがあります。

お金やサポートがいつまでもあるわけじゃないんだぞという警告で、若者に説教するんでしょう。

Example .
You must find a job and make your own money; don’t think that your parents and money will be there forever!
「仕事見つけて自分で金稼がないといけないんだぞ。いつまでも親と金があると思うな!」

 

4 . You must (need to) make your own way/living

このフレーズは、よく中高年の人が若者にアドバイスや警告のつもりで使います。

親が子供に警告するときにも使いますが、赤の他人の中高年の人もお節介で若者に言うときがあります。日本だけでなく海外でも、このように説教されることってよくあるんですね。

 

Example 1.
You’re an adult now, so you must make your own way.
「もうあんたは大人なんだから自分自身の道で歩みなさい。」

Example 2. I can’t support you forever. You need to make your own living from now on.
「いつまでもあんたにサポートしてられないよ。今から自分で生計立てていく必要があるんだよ。」

 

5. you can’t rely on your parents forever

よりネイティブらしい表現したいならこのフレーズを使うといいでしょう。

って、海外に行ってまで現地で知り合った人に、わざわざこのフレーズを覚えて使うってのも変な話ですね(笑)

 

Example .
You should start making your own life, because you can’t rely on your parents forever.
「自分で生活費を稼ぎ始めといたほうがいいぞ。いつまでも両親に頼ってられないからな。」

 

Example Dialogues.

英語の日常会話に使えるフレーズだけに絞っていきます。それではダイアローグを見ていきましょう。

Dialogue 1.

Aさん: When do you think you will move out from your parents’ house?
「いつ両親の家から引っ越すと考えてるの?」

Bさん: I don’t know, but I like living there.
「わかんない。でもあそこに住むのがいいんだよね。」

Aさん: Yes, but you should think about becoming independent. Your parents (and money) won’t be there forever.
「そうだね。でも独立することを考えないといけないんだよ。いつまでも親はいるわけじゃないんだから。」

Dialogue 2.

Aさん: How does she make money?
「彼女どうやって稼いでるんだ?」

Bさん: She just asks her father for money.
「ただお父さんからお金もらってるだけだよ。」

Aさん: That sounds a bit childish. She can’t rely on her parents forever.
「なんか子供のようだな。いつまでも親に頼れないんだぞ。」

Dialogue 3.

Aさん: My mother told me to find an apartment to live in.
「オレ母さんにアパート探せって言われたんだよね。」

Bさん: Well, I can understand her. Since you’re an adult now, you need to make your own way.
「うん、お母さんの気持ちがわかるよ。もう君は大人なんだから、自分で道を歩まないとな。」

Aさん: Yeah, you’re right. It’s just a bit difficult.
「うん、そうなんだよね。ただちょっと面倒なだけだよ。」

Dialogue 4.

Aさん: It’s time for you to find a job.
「そろそろあなたは仕事探さなきゃね。」

Bさん: Why? Can’t I stay with you?
「なんで?一緒に居れないの?」

Aさん: You can, but for your future, you must make your own living.
「居れるよ。でも将来のために自分で生計を立てないといけなんだよ。」

 

これらのフレーズを覚えて使おうと考えてるなら、ネイティブとケンカにならないようにしてくださいね。感情的になって口論してくる人も多いですから。

以上で参考になればいいです。

スポンサーリンク

【DMM英会話】
無料体験レッスン実施中

・英語をペラペラ話したい方
・海外旅行へ行く予定の方
・海外に長期滞在する予定の方
・外国人の友達を作りたい方

せっかく覚えた英語フレーズを、外国人との会話に活用してみたくありませんか?

英文法や単語の勉強だけでなく、実践的な会話をすることで劇的に英語力がアップ!

スマホだけでも、いつでもどこでも外国人とネット英会話ができます。