飛行機によるエコノミー症候群には5つの予防策で回避

flight-seat

エコノミー症候群とは別名でロングフライト血栓症とも呼ばれますが、長時間の運動不足と乾燥が原因で起こる血栓で、医学的には「深部静脈血栓症」と「肺血栓塞栓症」の合併症です。

エコノミークラスだけでなく、バスや電車でも長い時間座っていると発症することがあります。長い時間というと国際線の飛行機によくあるんですが、アメリカ、ヨーロッパ、オーストラリアなどの遠いところに行くとなると、到着時間まで10~12時間もかかることが普通です。

ここではエコノミー症候群の症状と予防方法について解説していきます。

 

エコノミー症候群になる症状とは?

原因としては、長時間の間、足を動かさないことによる運動不足と、環境による乾燥状態です。

足の血液は筋肉の収縮運動で心臓に戻っていくのですが、シートにずっと同じ姿勢で座ったまま足を止めていると、血液が流れにくくなって血栓ができるようになります。

血栓というのは、血液の塊のことを言うのですが、この塊が肺まで流れていくと血管が詰まって胸が痛くなったり息苦しくなりすます。

下手したら、そのまま呼吸困難になって死亡するなんてことも。。。 恐ろしやです。。。

さらに、飛行機の中は砂漠よりもかなり乾燥してるため、血栓ができやすい環境下でもあります。湿度でいうと5%~15パーセントぐらいの低さなので、体から水分が抜けやすくなり、血液の濃度が高くなるんですね。

発症するときは、到着時間に近くなる頃や、到着後の空港にて発症します。ある人は、1週間か2週間経った後に発症する人もいるようです。

 

血栓にかかりやすい人とは?

以下の人は注意です。

 

・6時間以上も座り続ける人
・2ヶ月以内に大きな手術を受けた人
・ガンにかかってる人
・人工透析を受けている人
・産後からまだ1ヶ月も経ってない人
・50歳以上の高齢者の人
・肥満体質の人

 

長時間もシートに座っていると、血管の内側が傷みはじめてくるので50歳以上の人は注意が必要です。とくに、肥満体質の人は脂肪が血管を圧迫して血流を悪くするので血栓ができやすいです。

産後1ヶ月以内の人も発症しやすいので、海外旅行に行くと決める前に、医者の方と相談しておいたほうがいいでしょう。

高齢者で肥満で長時間も座る予定がある人は、警告したいぐらい要注意です。

 

血栓を予防するには?

基本的には足の運動をすることと、体を乾燥させないでおくのが予防になります。

予防策1

座席に座っているときは、かかとの上げ下げ運動を1時間か2時間に一回ぐらい、5分程度行う。

予防策2

2時間か3時間に一回は、トイレに行くついでに屈伸運動を5回程度行う。

これで足にたまっている血液を解放できます。ずっと座ってるとお尻が痛くなってくるだけでなく、腰にも負担掛かってきますからね。

予防策3

一時間に1回程度、1カップ分の水を飲む。

カフェインを含んだ飲み物やなどは利尿作用があるのでかえって脱水症状になります。

予防策4

少量のアスピリン80グラム程度の服用。

少量なら血液をサラサラにしてくれます。ただ、量が多すぎると逆に血液を固くしてしまうので、注意が必要です。医者と相談しましょう。

予防策5

病院で低分子ヘパリンの注射してもらうか、ワーファリンの服用をする。

以前にエコノミー症候群にかかったことある人は、出発前に注射をしてもらいます。ただ、低分子ヘパリンだと旅行先でもまた注射しなければなりません。

 

もしも飛行機到着後にエコノミー症候群を発症してしまったら?

国際線で、もし自分が窓側の席に座っている場合、トイレに行くためには隣にいる人に声をかけて通してもらわないといけないですよね。ですが、そう何度も何度もトイレに行こうとするなんて鬱陶しいと思われる可能性もあるので、中々できないこともあります。

基本的に旅行代理店で航空券を頼むときは座席を選べないことが普通です。

そのように、席から立つ機会が少なくて、もし現地などで発症してしまったら、空港にある診療所か現地の病院にて診察をしてもらいましょう。

胸が苦しくなったり、足が腫れが出てきた場合などは、循環器内科(cardiology)で受診して、長時間シートに座っていたことを医師に伝えます。そうでないと、ただのむくみか筋肉痛かだと適当に判断されてしまいます。

もし、エコノミー症候群の可能性もありそう。。。と思うなら、旅行保険に加入しておくといいでしょう。

現時点で健康に自信がないのであれば、万が一に備えて加入しておいた方がいいです。そのほうが現地での治療代の心配がなくなります。

【DMM英会話】
無料体験レッスン実施中

・英語をペラペラ話したい方
・海外旅行へ行く予定の方
・海外に長期滞在する予定の方
・外国人の友達を作りたい方

せっかく覚えた英語フレーズを、外国人との会話に活用してみたくありませんか?

英文法や単語の勉強だけでなく、実践的な会話をすることで劇的に英語力がアップ!

スマホだけでも、いつでもどこでも外国人とネット英会話ができます。