「両手に花」を英語で言うには?

「両手に花」の意味は、良いものが二つ手に入れること、または美人な女性を両腕に抱えている人に使われる諺ですね。

キャバクラで女性2人を抱えてゲラゲラ笑って幸せそうなサラリーマンを見て、「あのやろう両手に花じゃねえか」って言ったことがある人もいるんじゃないでしょうか。

英語では、これに似た表現の諺がないので、単語で組み合わせたフレーズで言い表す必要があるんですね。

では「両手に花」の意味を二つに分けて解説していきますが、両手に女性の意味として使うフレーズは一つ紹介します。

 

A lady on each arm
Double advantage
Doubly lucky
Double blessing / Doubly blessed

 

スポンサーリンク

1.A lady on each arm *** 両手に花

 

Example: He came at the event holding a lady on each arm.
「彼は両手に花を抱えながら会場へやってきた。」

 

やはり美人や可愛い女性に囲まれている男性について、このフレーズが使われますね。二人の女性に囲まれて幸せそうな男、美しい花として見られる女性たちも嬉しそうにしているイメージがあるようです。

パーティやイベント、キャバクラ、ホステス、ストリッパークラブなどの場所で、両手に花を抱えている男に対して言えますね。直訳っぽくて面白みがないですけど。

 

2. Double advantage ****

 

Example: She received a double advantage by getting a new job and a pay rise.
「彼女は新しい仕事を手に入れ、給料も上がって両手に花である。」

 

「double advantage」は「二重のメリット」というように、「get」や「receive」と一緒に使うことで「両手に花」の同意表現として使えます。

両手には掴んでる物はないですけど、二つ良いことが同時に手に入るということを英語ではこのように言います。

また、日常英会話にも出てきやすいフレーズでもあり、ポジティブな進展が二つ起こったときに言いますね。

 

3. Doubly lucky ***

 

Example: He was doubly lucky to win the lottery and marry a beautiful woman.
「彼は宝くじが当たった上に、美人と結婚できて両手に花であった。」

 

「lucky」はそのまんまわかるようにラッキーです。

「doubly」は副詞として、形容詞の「lucky」を修飾して「二重の幸運」となりますが、こちらのほうがよりカジュアルなフレーズで使われやすい傾向があります。

 

4. Double blessing / Doubly blessed ***

 

Example 1: She got a double blessing by marrying a man who is not only handsome, but also has a big house.
「彼女はハンサムな男と結婚できた上に、大邸宅を所有している人だったので、両手に花だった。」

Example 2: My new girlfriend makes me feel doubly blessed because she is beautiful, and has a nice family.
「新しい彼女は美人な上、彼女には優しい家族がいるから、僕にとって両手に花のように感じる。」

 

「blessing」は「祝福」や「恩恵」の意味で、「blessed」は「神の恵みを受けた」になりますね。

神から二つも恵みを受けるって滅多にないと思いますが、こちらも良いことが二つ手に入れたこととして、同じ意味になります。

「bless」という言葉は、神のイメージが一緒に付いてるので、神を信じてない人は使わない人も多いと思いますけどね。

 

Example Dialogues:

Dialogue 1.

Aさん: Look at that guy.
「あの男見てみろよ。」

Bさん: Yeah, he looks very happy with a lady on each arm. I’m a bit jealous.
「そうだな、両手に花で幸せそうだね。ちょっと羨ましいな。」

Aさん: I’m not. He looks like a pimp.
「そうは思わないな。奴はポン引き野郎に見えるよ。」

 

※「pimp」は売春婦を斡旋する業者、ポン引きのことで、最近は女たらしという意味でも使われるスラングです。

 

Dialogue 2.

Aさん: I’m so proud of my son. He received the best grade in his class, as well as a scholarship!
「息子は私の誇りよ。クラスで一番良い成績を受け取って奨学金ももらえるようになったの!」

Bさん: Wow, what a double advantage for him!
「わぁ、それは彼にとっても両手に花だね!」

 

Dialogue 3.

Aさん: Did you hear about Bob?
「ボブについて聞いた?」

Bさん: Yeah, he won the biggest prize and also snagged a lady.
「あぁ。懸賞当てて女も手に入れたみたいだな。」

Aさん: Talk about being doubly lucky!
「ホント両手に花だよな!」

 

Dialogue 4.

Aさん: My new husband is a double blessing.
「私の新しい夫は両手に花だよ。」

Bさん: Why’s that?
「なんでそうなの?」

Aさん: Because not only is he smart and handsome, but he also owns a mansion!
「なぜかというと彼って頭が良くてハンサムだけじゃなく、豪邸も所有してるのね!」

 

 

以上になりますが、両手に女性二人も抱えて花なら「a lady on each arm」と言い、二つの良いものが手に入るなら「double advantage」「doubly lucky」「double blessing」などを使って表現します。

このように英語の諺になかったら、知ってる単語で組み合わせて作ってみるのもいいですね。

スポンサーリンク

【DMM英会話】
無料体験レッスン実施中

・英語をペラペラ話したい方
・海外旅行へ行く予定の方
・海外に長期滞在する予定の方
・外国人の友達を作りたい方

せっかく覚えた英語フレーズを、外国人との会話に活用してみたくありませんか?

英文法や単語の勉強だけでなく、実践的な会話をすることで劇的に英語力がアップ!

スマホだけでも、いつでもどこでも外国人とネット英会話ができます。