留学中に辛いと感じている時、心構えを変えてみる

english-class

留学生活で大変なことって、受けている授業が何が何だかわからない、他の留学生達の輪に入れない、そんな現実とのギャップに悩むことは珍しくありません。

留学に来てこんなことになるなんて思ってもみなかったというのはよくあることです。自分もワーキングホリデーで海外生活していたとき、こんなできない自分が嫌になりそうになったことありますから。

ここでは、留学に来ているけど辛い思いをしているという人に向けて、少しでも前向きになれるようなアドバイスをできたらいいなと思います。

 

無理に何もかも覚えようとすることはしない

授業内容も英語で話されるのですが、ナチュラルスピードで話されるていることでしょう。

英語を英語で理解するなんて、元からそれなりの英語レベルが備わってないと本当にチンプンカンですからね。

そろそろ、こんなに自分は頑張ってるのに、とてもじゃないけど授業内容に追いつけそうにないと感づいているんじゃないでしょうか?

それもある意味、気付きです。寝る時間削ってでも、英語の勉強をしようとしても自分が辛いだけですから。

リスニングに関しても、完璧に近いくらいできるようになるまで何年もかかります。どこかで、ある程度諦めをつけていかないとキリがないです。

なので、無理に周りのペースに合わせしたり、ただ我武者羅に勉強するんじゃなくて、自分の中で、一日の目標値を作ったり、順番を一つ一つ決めて達成していくことから始めてみるといいです。

留学は生徒がお金が払っているのですから、授業についていけないからって怒られる筋合いもないですよね。

 

他人と自分を比べるのは止める

ヨーロッパ人の場合は、英語の構造と共通部分があるので、彼らがロークラスから始めても上達が早いですね。

日本語と英語は、全く言語が違うものなんだから苦労しても当然でしょう。それはしょうがないです。

それもそうですが、日本人は、他のペラペラな日本人を見ると「自分だけ話せなくて情けない」と落ち込んだりしてますね。 まぁそう思うのも無理もないですが。

考え方は人それぞれですが、「あの日本人のように英語を話せないのは、自分の努力が足りないからだ。」、または「あの日本人のように語学の素質を持ってない」と考える人もいますよね。 でもそんなこと考えたらキリがありません。

努力が足りないんだとか、素質がないとか、自分に劣等感を持つんじゃなくて、今の自分にどうしたら、少しでも英語の進歩を感じることできるかが大切です。 他人と勝負するんじゃなくて、自分との戦いです。

 

何も英語だけではない、留学での辛い思いも役に立つ

留学の目的は、TOEICで満点近く取れるぐらい英語がペラペラになることに目標にしている人も多いですが、思ったほど英語力が上がらなかったという人もよくいます。

「英語力が大して上がらないんじゃお金の無駄じゃん!」と思うかもしれませんが、なにも英語だけじゃないんですよ。

自分が感じたこと、思ったことが人生に活きる

確かに、留学一年だけでも何百万という金額でバカにならないと感じる人もいるでしょう。金額に比例するぐらい価値を得られるかは、実は考え方にもよったりします。

誰もが、語学上達が一番の目的としますが、、それだけでなく、海外生活で、楽しいと感じたこと、悩んだこと、苦労したこと、色んな人種と関わったこと、トラブルに遭ったこと、それら全てひっくるめて得たことは、今後の人生に応用できるはずです。

新しい経験を積んでいくと、「自分が辛いと思う場面に自分なら、どう対応するか、どんな心構えで臨むか」、自分なりの適応力ってものが自然に身につきます。

まずは、苦労すること、避けていることに直面しないと知らないことも多いし、考え方も広がらないです。

 

留学経験がためになったという人の例に挙げてみると

ある留学経験のある人の例

1.現地に着いてみると英語が聞き取れないことに気付く
2.リスニングの勉強が必要だと考える
3.リスニングの勉強のコツはどういったものか考える
4.辛いながらも、発音ブックで単語と単語が繋がるルールを覚えてみる
5.すると、少しは相手の言ってることが少しはわかるようになった
6.小さなヒントを掴んだこともあって、英語の勉強をすぐ止めようと思わなくなった
7.英語だけでなく、色んな人と関わって視野が広がった

 

まぁ人によって得られるものは違いますが、異国の生活をしているだけでも何かためになるものはあるはずです。

街で食べ歩きしているうちに食や健康の考え方も変わるだろうし、異国の恋人ができれば新しい発見もあるでしょう。

なので、英語の勉強以外にも、海外でしかできないことなど、色々チャレンジしてみてはどうでしょう。

 

誰か一人でもいいからとにかく話相手を作る

もう一つ大事なことを言いたいんですが、留学生活では孤立しないようにすること。寂しくて帰りたくなる人もよくいます。

留学生たちの集団の輪にも入れず、孤独な思いをしてる人だっています。

そうならないよう、自分と気が合いそうな人、自分とレベルが同じそうな人に、自分から積極的に話しかけていって会話仲間を作ることです。

全生徒の中には、あなたと同じように上手く話せないことに悩んでる人が少なからずいるはずです。”英語を話すのも目的”なのだから、雰囲気が合いそうだな思う人に、ちょっとでも思い切って話しかけてみましょう。

どうしても校内で話し相手を作れそうにないっていうなら、インターネットで誰かと絡んで気を紛らわすとかしかないです。

僕は南米に住んでいたときは孤独だったので、外国人の友達を作れるサイトを利用して楽しんでましたからね。

とまぁ、絡んでくれるのを待っているだけでなく、自分から誰かに絡みにいくことも大事だってことです。

 

 

以上で終わりますが、少しでも気持ちが前向きになれればいいです。

 

【DMM英会話】
無料体験レッスン実施中

・英語をペラペラ話したい方
・海外旅行へ行く予定の方
・海外に長期滞在する予定の方
・外国人の友達を作りたい方

せっかく覚えた英語フレーズを、外国人との会話に活用してみたくありませんか?

英文法や単語の勉強だけでなく、実践的な会話をすることで劇的に英語力がアップ!

スマホだけでも、いつでもどこでも外国人とネット英会話ができます。