英語教師になりたいなら、忘れてはならないこと

index-finger

英語教師になるには、もちろん教員免許を取得できる大学へ進学しないといけないのは知ってるかと思います。気になるのは、どんな教育課程を受けないといけないのか、果たして自分でもなれるのかどうかでしょう。

どんな時代でも、英語が好きだから英語を教える先生をやりたいという人もいますね。きっかけがあるっていいことだと思います。

なのでこの記事では、英語教師になりたい人に知っておいてほしいことと、忘れないでほしいことを書いていきます。

 

まず英語教師になりたいなら

まずは教員免許を取るために大学に進学するのですが、教育学部にある英語教員養成コースにて英語の教員免許を取得することができます。

または、外国語英語学科や文学部英文学科などで、単位を取れれば取得できます。学校の教師をやるのであれば、当然教員免許が必要ですね。

たいていは教員免許を取得しようと思えばできるでしょう。ですが、免許があればすぐ教師をやらせてもらえるわけではなく、問題は企業による採用試験です。

高校レベルの全教科、自分の希望教科、模擬授業、小論文などの採用試験にも受かって、それでやっと授業の担当をさせてもらえるということになります。

また、英語教科を希望するということなら、英検準1級以上やTOEIC800点以上あったほうがいくらか有利になります。

 

中学教師なのか高校教師なのか

中学の教員免許と高校の教員免許では、大学で取得するべき科目や教育実習期間が変わってくるので、一応確認しておく必要があります。

高校の採用試験では、中学校に比べて募集枠が少ない上に、応募者も多いゆえに倍率が高く厳しいようです。なのでどうしても高校の教師になりたいのであれば、専門性の高い学習ができる外国語学部や文学部の方に入るほうがいいです。

応募者が多ければ多いほど、1次試験から3次試験まで設置されるぐらいですし、高校の採用試験に受けようと思うなら、名門大学出身者達がゴロゴロと出てきますので、その人達にも勝たなければなりません。

中学であれば、教育学部から中学教師になれる可能性があります。採用数で言えば、高校よりは中学のほうが枠が広いです。

それでも採用されるには厳しい時代なので、覚悟は持った方がいいです。

 

英会話の練習も忘れてはならない

もし、英語教師になれたとしても、忘れてはならないのが英会話です。

日本人の英語学習者に陥りがちなのが、文法学習や単語学習ばかりすることです。英語の教師でも、英文法はペラペラと生徒に教えれても、英会話となると怪しい教師もいるのも事実です。

でも英語の教師なら、一定以上話せるのは間違いないのですが、どれくらいのレベルなのかは教師に寄ります。流暢なスピーキングに自信がない先生もいるので、優秀な生徒に英会話しましょうなんて言われた時には、ドキっとするはずです。

高校の英語教師であれば、かなり英語の努力をして難関な試験も乗り越えてきたぐらいだから、平均以上の英会話はできる人がほとんどです。反対に、中学の英語教師となると会話レベルが怪しい人もいるとチラホラと聞きます。

肩書とプライドを守るために、生徒に舐められないようにと、生徒に威張り散らしてる教師もいます。

そんな反面教師にならないように、やっぱりリスニングとスピーキングの練習もすべきでしょう。恥ずかしいという思いをしたくないなら。

 

経験談になりますが、僕が中学校の頃、ボロ丸出しの英語教師いたんですね。

中学校にアメリカ人の講師が派遣で来たときのことですが、その英語教師は、ちっとも英語で話さず、必死に日本語だけでアメリカ人に話しかけていたんですね。

そのアメリカ人は日本語がわからないというのに、英語で話そうとしない英語教師が、明らかに滑稽に見えました。クラスの誰もがそう思ってましたから。

英会話力の低さを隠したくなるもわかりますが、やっぱり堂々と英会話ができる先生がいいです。

 

教師として英会話力も鍛えておく

1人でリスニング教材などを使って学習するのもいいですが、やはり英語圏の外国人と会話練習をしたほうがより効果的でしょう。

いくら学生でも、文字だけの英会話ブックを眺めながら学習していても、人間なんだから苦痛に感じる人がほとんどなはずです。どうせ学習するんだったら、外国人との英会話を楽しみながら学習したいですよね。

ある程度のヒアリング力とスピーキング力にも自信があるのであれば、留学経験を得るのもいいです。文法や単語学習はもちろん、英語圏の人と会話を積み重ねることによって、本当の英語力ってものが身につきますから。

 

費用を安く済ませたいなら、ウェブサイトでペンパルを見つけて、スカイプで会話練習するといった方法もあります。要は英会話できるネイティブを見つけましょうってことです。

 

 

以上で終わりますが、学校に就任する前から、英会話をできるようにしてくことがいいですね。リスニングとスピーキングもできてこそが、本当の意味で英語ができるってことになります。

【DMM英会話】
無料体験レッスン実施中

・英語をペラペラ話したい方
・海外旅行へ行く予定の方
・海外に長期滞在する予定の方
・外国人の友達を作りたい方

せっかく覚えた英語フレーズを、外国人との会話に活用してみたくありませんか?

英文法や単語の勉強だけでなく、実践的な会話をすることで劇的に英語力がアップ!

スマホだけでも、いつでもどこでも外国人とネット英会話ができます。