「ついでに」を英語で便利に伝える方法

while-youre-there

「ついでにそれもお願い」という言い方がよく聞くことがありますよね。

「ついでに」を英語でどう言うかを辞書で引いてみると、「incidentally」という単語が出てくるのですが、本当にこんな単語でいいのか疑問に思ってしまったんです。

そこで実際にその単語が相応しいのかどうかネイティブに聞いてみると、やはりあまり聞かないと言っていました。

ということで、ナチュラルな言いまわしがないか調べてみることに。

他にも、「ついでに」のニュアンスが含まれたフレーズも発見したので、それも紹介していきます。

 

スポンサーリンク

1. Incidentally, ~  「ついでながら、それはそうと、ところで」

 

Example 1. Incidentally, I’m going to the same building.
「それはそうと、僕も同じビルに行くとこなんだ。」

 

Example 2. Incidentally, he bought a drink for his friend.
「ついでながら、彼は友達の分の飲み物を買ってあげた。」

 

 

まずは、「Incidentally」の使い方について。

ネイティブはこの単語を使うことは少ないので、分からない人も結構いるようです。

なのでこの単語は避けて、他の言い回しを覚えたほうがいいでしょう。

 

2. ~as well 「~もまた、ついでに」

 

Example 1. When I go outside, I’ll water the garden as well.
「外に出かけるついでに、庭の水巻をやるよ。」

 

Example 2. Since you’re washing the dishes, can you clean the sink as well
「もう洗い物してるみたいだから、ついでに流し台もキレイにしといてもらえる?」

 

 

英語の教科書にもイディオムとしてよく出てくる「as well」は、会話でも出現率が高いので、覚えておくべき必須フレーズです。

「~もまた」の意味は、「ついでに」の近い意味で使えます。

 

あと、「ので、だから」の意味を持つ「since you’re~」を、代わりに「you’re already 」に直しても大丈夫です。

 

3. While you’re at it / While you’re there 「ついでに」

 

Example 1. While you’re at it, could you put the futon away please?
「ついでですが、その布団もしまってもらってもいいですか?」

 

Example 2. While you’re there, grab some bananas for me.
「ついでにさ、俺のバナナの分も取ってきてくれよ。」

 

 

このフレーズならネイティブもよく使うので、これが一番良い言い回しになります。絶対役に立ちますよ。

何で「ついでに」なのか文法的な解釈をするよりは、丸ごとイディオムとして覚えておくといいです。

一応僕も忘れないように頭に叩き込んでおきたい。

 

4. On the way to 「ついでに、途中で」

 

Example 1. I’ll post this letter on the way to work.
「出勤するついでに、この手紙を投函しておくね。」

 

Example 2. On the way to school, she bought some lunch from the convenience store.
「彼女は学校に行く途中に、コンビニでランチを買った。」

 

 

「on the way to」はどこかに行く途中での意味ですが、場合によっては何か頼む形で「ついでに」のニュアンスにもなれます。

「途中で何か買ってきてくれない?」っていうフレーズにも「on the way to」が使えます。

 

注意点として、道の途中ではなく、その場で何かやってほしいことを頼むときは「as well」を使います。

 

Example Dialogues

ここからは「ついでに」を英語で便利に伝えれるフレーズを、ダイアログ形式で紹介。

Example Dialogue 1: 省略パターン1

while-you-are-at-it

 

Aさん: I’m going take the dog for a walk.
「犬の散歩に行ってくるよ。」

Bさん: While you’re at it..
「ついでに、、、(このゴミ袋持ってって)」

Aさん: Oh, sure.
「あぁ、いいよ。」

 

 

「ついでに」を言った直後に、物を差し出して暗示するパターン。

日本語でも、いつもの決まりきったパターンを知っている人になら「ついでに」だけで伝わりますね。

 

Example Dialogue 2: 省略パターン2

while-you-are-at-there

 

Aさん: I’m going to the kitchen.
「キッチン行ってくるね。」

Bさん: While you’re there
「ついでにさ、(この飲み終わったコップを持ってってくれ)」

Aさん: Sure.
「うん。」

 

 

コップを差し出すだけで伝わります。

でも誰かれ構わず省略して言うのはやめたほうがいいので、仲の良い人に限定にしたほうがいいかもしれないです。

確かに「While you’re there 」というフレーズは便利な技ですけどね。

 

Example Dialogue 3: ありがとうだけで済むパターン

washing-dishes

 

Aさん: (皿洗いをしている最中)

Bさん: (そこへもう一つ皿を放り込む) Thanks.
「ありがとね。」

Aさん: Oh, no problem.
「あぁどうってことないよ。」

 

 

さらに親しい関係になれば、「ついでに」の言葉なしで伝えることも可能(^^;

海外でこんな感じのやり取りを見たことあるのですが、それが「ついでに頼む」っていうニュアンスが「thanks」に含まれているんだなっていうのを知ったんです。

 

便利といっても、やっぱり誰かにお願いしたいときは面倒くさがらず「While you’re there , can you do ~」という感じで伝えたほうがベター。

「ついでに」は他にも色々な表現がありますが、とりあえずこのぐらい覚えておけばOK。

 

ということで参考になればいいです。

スポンサーリンク

【DMM英会話】
無料体験レッスン実施中

・英語をペラペラ話したい方
・海外旅行へ行く予定の方
・海外に長期滞在する予定の方
・外国人の友達を作りたい方

せっかく覚えた英語フレーズを、外国人との会話に活用してみたくありませんか?

英文法や単語の勉強だけでなく、実践的な会話をすることで劇的に英語力がアップ!

スマホだけでも、いつでもどこでも外国人とネット英会話ができます。