英語教師になりたいなら、忘れてはならないこと

index-finger

 

英語教師になるには、もちろん教員免許を取得できる大学へ進学しないといけないのは、知ってるかと思います。

気になるのは、どんな教育課程を受けないといけないのか、果たして自分でもなれるのかどうかでしょう。

どんな時代でも、英語が好きだから英語を教える先生をやりたいという人もいますね。きっかけがあるっていいことだと思います。

なのでこの記事では、英語教師になりたい人に知っておいてほしいことと、忘れないでほしいことを書いていきます。

 

まず英語教師になりたいなら

まずは教員免許を取るために大学に進学するのですが、教育学部にある英語教員養成コースにて英語の教員免許を取得することができます。

または、外国語英語学科や文学部英文学科などで、単位を取れれば取得できます。

学校の教師をやるのであれば、当然教員免許が必要となるわけです。

たいていは教員免許を取得しようと思えばできるでしょう。

ですが、免許があればすぐ教師をやらせてもらえるわけではなく、問題は、企業や学校側による採用試験です。

高校レベルの全教科、自分の希望教科、模擬授業、小論文などの採用試験にも受かって、それでやっと、授業の担当をさせてもらえるということになります。

また、英語教科を希望するということなら、英検準1級以上やTOEIC800点以上あったほうがいくらか有利になります。

 

中学教師なのか高校教師なのか

中学の教員免許と高校の教員免許では、大学で取得するべき科目や教育実習期間が変わってくるので、一応確認しておく必要があります。

高校の採用試験では、中学校に比べて募集枠が少ない上に、応募者も多いゆえに倍率が高く厳しいようです。

なのでどうしても高校の教師になりたいのであれば、専門性の高い学習ができる外国語学部や文学部の方に入るほうがよいかと。

応募者が多ければ多いほど、1次試験から3次試験まで設置されることも多々です。

高校の採用試験に受けようと思うなら、名門大学出身者達がライバルとしてゴロゴロと出てきますので、その人達にも勝たなければなりません。

とはいえ、中学であれば、教育学部から中学教師になれる可能性があります。

採用数で言えば、高校よりは中学のほうが枠が広いからです。

それでも採用されるには厳しい時代なので、それなりの努力を強いる覚悟は持った方がいいでしょう。

 

英会話の練習も忘れてはならない

もし、英語教師になれたとしても、忘れてはならないのが英会話。

日本人の英語学習者に陥りがちなのが、文法学習や単語学習ばかりに、のめり込んでしまいます。

日本人の英語教師でも、英文法についての説明なら、ペラペラと生徒に語りかけることは容易いでしょう。

しかし、実際の英会話となると、スピークが怪しい教師もいるのも事実なので。

正真正銘の英語の教師であれば、一定以上(ビジネス英語レベルなど)話せるのは間違いないのですが、どれくらいのレベルなのかは英語教師によってまちまちです。

高校の英語教師であれば、かなり英語の努力をして、リスニングなどの難関な試験も乗り越えてきたぐらいですから、日常英会話レベル以上はできるかと思われます。

反対に、中学英語の教師となれば、流暢なスピーキングに自信がない英語の先生も多いです。

会話レベルが怪しい人もいるとチラホラと聞くほど。

実際、優秀な生徒から「英会話しましょうよ」なんて言われたら、心の中ではドキドキしているんですね。

ついつい、教師としての見栄や肩書、プライドを守るためなのか、生徒に舐められないようにと、外国人との英会話失敗談を隠したがる教師はいます。

これを読んでるあなたも、恥ずかしいという思いをしたくないなら、そんな反面教師のようになりたくないでしょう。

となれば、文法だけでなく、リスニングとスピーキングにより力を入れないというのはわかったはず。

 

私の経験談になりますが、中学校の頃、ボロ丸出しの英語教師いたんですね。

中学校にアメリカ人の講師、スミスさんが派遣で来たときのこと。

クラスの担任の英語教師は、英語で話そうとすることに躊躇する様子で、日本語でアメリカ人のスミスさんに話しかけていました。

英語教師「それではスミスさん、みなさんに自己紹介をよろしくお願いします。」

スミスさん「Excuse me? I’m afraid I didn’t catch what you said. 」

英語教師「えぇ、まずはですね、アイ…ワント ユー トゥ… エクスプレイン ユアセルフ、お願いします…」

 

そのアメリカ人は日本語がわからないというのに、英語で話そうとしない英語教師。

「introduce」なのに「explain」と間違えたり、明らかにその光景が滑稽でした。

英語の先生なのにスムーズに英語を話せないの?」と、クラスの誰もがそう思ってましたから。

英会話力の低さを隠したくなるもわかりますが、やはり、堂々と英会話ができる先生がいいですよね。

 

教師としての英会話力も鍛えておく

1人で教材を使って学習するのもいいですが、後々、英語圏の外国人と会話練習をしたほうがより効果的に伸びます。

いくら学生でも、文字だけの英会話ブックを眺めながら学習していても、人間なんだから苦痛に感じる人がほとんどなはず。

どうせ学習するんだったら、外国人との英会話を楽しみながら学習したほうがいいです。

ある程度のヒアリング力とスピーキング力にも自信があるのであれば、留学経験を得るのもいいでしょう。

文法や単語学習はもちろん、英語圏の人と会話を積み重ねることによって、本当の英語力が身につきますから。

費用を安く済ませたいなら、ウェブサイトでペンパルを見つけて、スカイプで会話練習するといった方法もあります。

要は、英会話の友達探しとして、ネイティブを見つけてみましょうということ。

と、ネイティブの友達を探すと同時に、ある程度、自力でリスニングを鍛えておきたいところです。

それなりに英語が聞き取れないと、会話が成り立たないのは目に見えてますので。

なので、学校の英語教育では教えてくれない「音の変化」に対してトレーニングができる、リスニング教材が1つあればいいかなと。

 

私が初心者に対して、リスニング教材を1つお勧めするとしたら、たとえば、「プライムイングリッシュ」。

プライムイングリッシュの特徴は、初心者にもすごく優しく、英語脳へと浸透していけるようにプログラムが組み込まれていること。

詳しくは、公式ページを見てみてください。

リスニングの効果を実感!話題の英会話教材【プライムイングリッシュ】

 

外国人の言っていることが聞き取れない… すぐに口から英語が出てこない… と、今でも悩み続けている人にこそお勧めしたいです。

自分でも英語を発することを繰り返していくことで、英語を話すリズムや瞬発力が、徐々に身に付いていきます。

テキスト6冊(192P)とCD6枚で、29,800円と値段は張りますが、一日165円として6ヶ月分の価値が詰め込まれてるからです。

実は私も購入してみた身で、半年後、日常英会話程度はできるようになったなと、実感しましたから。

一日1時間の学習を目安に、コツコツと無理なく続けられるようになっているので、安心して取り組めました。

言っちゃ悪いですが、もしプライムイングリッシュ程度でも挫折するのであれば、今後、語学学習は諦めたほうがいいと言えます。

 

ということで、どこかの学校に英語教師として就任できたとしても、事前に英会話をできるようにしてくことが望ましいと言えます。

リスニングとスピーキングも日常英会話以上のレベルになってこそ、英語の先生と呼ばれるようになれるんだなと思っています。

英語というのは、短期間でマスターできるものではありません。

日本語でさえ、わからない単語があれば調べたりしますよね。

英語学習も終わりのない学習ですが、息切れしない程度にコツコツ進めていきましょう。